大変なワンオペ育児中のお風呂を乗り切る!上手に入浴するコツ教えます

お風呂に入る赤ちゃん

 

ワンオペ育児中のお風呂は本当に大変ですよね。

 

子供が溺れたりしないか気を配らないといけない入浴は特に気を遣います。

 

 

「正直ワンオペで大変なのに、どうしたら良いのよー!」って思わず叫びたくなったり、旦那さんに当たりたくなっちゃいますよね(笑)。

 

 

そんなワンオペ育児中で大変なママさん向けに、大変な入浴タイムを乗り切る秘策をご紹介します。

 

ワンオペ育児中のお風呂で気をつけたいこと

一人で子供の面倒を見ないといけないワンオペ育児中のお風呂では、トラブル防止のために気をつけておかないといけないことがありますので覚えておきましょう。

 

極力目を離さない

子供のお風呂での事故では、ほんの少し目を離したすきに溺れるといった事故が多いです。

 

入浴中は常にお子さんが大丈夫か、気にかけておく必要がありますので気をつけましょう

 

髪を洗っている最中でも目を開けておくようにしているお母さんもいるほどなので、皆さん本当に頑張ってますよね。

 

 

お子さんがある程度こちらの話しかけに反応してくれる年齢であれば、自分が頭を洗っている間に話しかけながら入るのも手です。

 

いずれにしろ、常に注意は怠らないようにしましょう。

 

滑らない工夫をする

お風呂場は滑りやすいので、お子さんが滑らない工夫も必要です。体を洗うところはシャンプーやボディーソープで滑りやすいので特に注意が必要。

 

まだバランス能力が低い小さい子供の場合、少し滑っただけで頭をゴチーン!

 

何針か縫う羽目に・・・なんてことも起こりやすいです。

 

 

洗い場の床の上におくマットや、バスチェアなどをうまく使っていきましょう。

 

浴槽のお湯の量は少なめに

お風呂の中でお子さんが溺れないように、溜めるお湯の量を少なくしているママさんも多いです。

 

顔がつからない程度の深さにするのはもちろん、お子さんが座ってもおへそ辺りまでしか浸からない程度しか入れないお母さんもいます。

 

 

ただし、ほんの数センチの水たまりでも溺れることはあるので、なるべく目を離さない&声かけは忘れずに。

 

 

お風呂で溺れないようにと、赤ちゃん用の浮き輪をつかうお母さんもいますが、使い方によっては逆に危険なこともありますので過信しないようにしましょう。

 

湯あたりに注意

小さい子供はまだ体温調節機能が未発達なので、気がついたらのぼせていてグッタリと言うことも起こります。

 

大人の感覚で熱いお湯にしないよう、少しぬるめの方が良いでしょう。

 

また長湯は湯あたりのほか、脱水症状の原因にもなりますので、避けた方が良いです。お風呂上がりの水分補給も忘れずに。

 

湯船につかることにこだわらず、特に暑い夏は湯船につからずシャワーで流すだけでも良いです。

 

風呂冷めに注意

暑い時期から一転、冬の寒い時期も注意が必要です。

 

体温調節が未発達で、免疫機能も不十分な小さいお子さんは、湯冷めをして風邪を引いてしまいがち

 

お子さんがお風呂から出た後は、早く体を拭いて服を着せてあげたり、脱衣所にヒーターを用意しておくなど、湯冷めへの対策を忘れずに。

 

 

もちろんお母さんも気をつけて。

 

お母さんの湯冷めに役立つのがバスローブ。濡れた体のままサッと羽織れば、寒さを防げてその間にお子さんの面倒を見ることもできます。

 

お風呂に入ることにこだわらない

最後に、赤ちゃんを清潔にすることにこだわって、お風呂に入ることにとらわれすぎないで

 

お風呂に必ず毎日入る必要はありません。

 

毎日のお風呂が負担なら、お風呂に入らない日を作ったり、1日おきに入るなど工夫をしましょう。

 

お風呂に入らないときは、清潔なぬれタオル(ぬるま湯であたためたもの)で体を拭くだけでもOKです。

 

赤ちゃんはお肌がキレイなので、案外それだけでもキレイにできますよ。

【段階別】お風呂に入れるおすすめの手順

それでは次は具体的にどうやってお風呂に入れれば良いかの手順を見ていきましょう。

 

お子さんの成長に合わせて、段階別に手順をご紹介します。

 

ベビーバスに入れる間

生後1ヶ月あたりまではベビーバスに入れ、大人が入るお風呂とは分けた方が良いと言われています。

 

これは一般的に抵抗力がつくのが生後1ヶ月あたりであり、大人も入るお風呂は雑菌が繁殖しているため、抵抗力がつく1ヶ月くらいまでは入らない方が良いからです。(特にへその緒の後から雑菌が入ることに注意が必要)

 

とりあえずベビーバス卒業までは、赤ちゃんが寝ているときに自分だけサッとお風呂に入り、それ以外の良いときに赤ちゃんをお風呂に入れると良いでしょう。

 

寝返りを打つまで

ベビーバスを卒業すると、いよいよ一緒のお風呂です。

 

方法としては、以下の2通りがあります。

 

  • 子供をお風呂場前の脱衣所で待たせる
  • 子供と一緒にお風呂に入り、お風呂の中で子供を待たせる

 

脱衣所で待たせる
  1. お風呂のドアは開けておいて、子供をバウンサー等に乗せて待たせている間に、お母さんがササッと洗う。
  2. きれいになったお母さんが赤ちゃんを迎え入れ、子供を洗い、湯船に一緒に入る。
  3. 洗った子供を先に出して、きれいに拭く。
  4. お母さんがお風呂を出て、体を拭き、着替える。
  5. 赤ちゃんに服を着せる。

 

一緒にお風呂に入る
  1. 子供と一緒にお風呂に入り、子供を専用のマットや倒したバスチェアに寝かせる
  2. お母さんが先にキレイになる
  3. 子供を洗い、一緒に湯船につかる
  4. 子供を先ほどのマットorバスチェアに寝かせて、お母さんは急いで体を拭き、服を着る
  5. 子供を拭いて出す(出してからきちんと拭いてもOK)

 

寝返り〜お座りまで

先ほどの「一緒にお風呂に入る」の手順と基本は同じです。

 

ただしこの頃の赤ちゃんは動き回るので、専用のマットではなく、固定できるバスチェアにしましょう。

 

つかまり立ち〜

この頃になるとある程度しっかりしているので、バスチェアも必要ないでしょう(逆に窮屈で不機嫌になる)。

 

ただし歩いて滑る可能性はあるので、洗い場全体をカバーできるバスマットがあった方が安心かもしれません。

 

また湯船に1人で立てないことはありませんが、目を離している家に溺れてしまう可能性があるので、お母さんが洗い終わるまでは湯船に入れないように。

 

暇を持て余さないよう、お気に入りにのおもちゃを用意して、その間にお母さんがササッと洗うようにしましょう

 

自分1人で入れるようになったら?

ある程度大きくなったら、頭を洗ってあげるだけで、他は1人でできるようになってきます。

 

早い子ではこの頃からもう1人で入りたいと言い出すかもしれません。

 

子供の自立の一歩として気持ちは尊重してあげたいところですが、幼児の頃だとまだ1人で入っている間に溺れてしまうことも。

 

そんな時はお母さんがお風呂の外で様子を見守ってあげましょう。

ワンオペ育児中あると役立つアイテム

シャンプーやボディーソープは泡タイプで

最初から泡で出てくるタイプは時短に欠かせませんので、積極的に利用するようにしましょう。

 

タオルキャップ&バスローブ

お風呂を出るとき、お母さんがゆっくり体を拭く暇もなく子供の世話をしないといけないこともあるでしょう。

 

そんな時におすすめなのがタオル記事のキャップとバスローブ。

 

濡れたままの体でも、ポタポタ水滴を垂らさず、部屋で子供の世話をすることができます

 

冬のように寒い時期にも、湯冷めしにくくなり助かりますよ。

 

ベビーバスにつけるネット

生まれたばかりでは軽い赤ちゃんも、すくすく育つと片手だと結構思いと感じるときも。

 

ワンオペ育児で疲れているところに、赤ちゃんを片手で支えてベビーバスに入れるのは骨が折れるものです。

 

そんなときベビーバスにつけるネットを使えば、ある程度赤ちゃんをささえてくれるので大助かりです

 

サッと使えるスキンケア用品

ワンオペ育児中のお風呂はまさに戦争状態。

 

自分は体を拭くのもやっと、または拭く間もないまま、子供の世話に追われることも。

 

スキンケアなんて二の次どころか、毎日できないことも少なくありません。

 

そんな時1本で全てのスキンケアをまかねるアイテムがあれば、とっても助かりますよ。

 

>>>ワンオペ育児ママにおすすめのスキンケア用品はこちら

子供が2人以上いるときはどうすれば良い?

お子さんが2人以上いる時のワンオペ育児、しかもお風呂は本当に大変ですよね。

 

子供が2人以上いる場合は、年の差がどれだけ離れているか?特に上の子がどれだけ大きくなっているか?で対応を分けると良いでしょう。

 

年の差があるとき

 

  1. 上の子
  2. お母さん
  3. 下の子

 

例えば下の子がまだ1才にも満たなくて、上の子は既につかまり立ち以上の場合、この場合は上の子はある程度聞き分けもできて、1人で待っていることも可能と思いますので、先に上の子を優先して洗いましょう。

 

年が近いとき

  1. 下の子
  2. お母さん
  3. 上の子

 

例えば下の子が生まれてまもなく、上の子も1-2才とまだ1人では少し頼りないとき、このときは下の子の方がそこまで動き回る方ではないはずですので、まず下の子を洗って置いておいてから、上の子あるいはお母さんが体を洗いましょう。

生理の時どうしたら良い?

生理の時は、最初の方でも書きましたが、無理してお風呂に入る必要はないです。

 

お子さんが一緒に入らないと無理な場合は、体をタオルで拭く程度の対応や、シャワーで軽く流す程度でも良いでしょう。

 

お子さんが1人でもある程度平気な場合は、お風呂の外で見守りながら、頭を洗うときだけ手伝うなどしてサポートだけしましょう。

 

 

生理中でもどうしても一緒に入らないといけない場合は、タンポンを使うようにしましょう。

 

ただ注意したいのが、ちょうどタンポンの紐はお子さんから見えやすい位置にあったりするので、「何だろう?」と思ってスルッと引っ張られてビックリすることもあったりしますのでご注意ください。